Blog

HOME» Blog »オトンとオカン

Blog

オトンとオカン

A5ランクお肉
親子で食事
伊勢海老 鉄板焼き

恵比寿で国際最基準に則ったエステティックを提供するサロン『オリエンタルボーテHIROO』の吉田久美子です。

先日、両親が東京に出てきました。私は父に会うのは3年ぶり!!でした。

(親不孝な娘でごめんなさい)。おとんの事を私と姉は『お殿様』とか『将軍』と影で言っています。

なぜかというと、話す口調が全て命令形なのです。

例えば写真を撮る時は「そこにならべっ!」「早く撮れっ!」みたいにね。

『いつの時代の人やねんっ』と突っ込みを入れたくなりますよ。

でも、久しぶりに父の命令形を聞きちょっとなつかしかったです。

母は洋裁が上手で今回も着てきた洋服は全て自分で作ってました!!。(コートもジャケットもパンツも!)

昔から、洋裁、編み物、パッチワーク、刺繍、レース編みに着付けまでほんと上手な人です。

美容師という忙しい仕事の傍らいつも何か作っていましたね。

小さい頃は洋服もよく作ってくれました。

ただ、一つ難点があるとすればいささか趣味が悪い・・・

惜しいんですよ~、何でも完璧に作るのに『なぜこの生地を選んだのかしら』とか、『この色はいただけないわ』と思う事が多いです。

今回もすごくキレイに仕上げたコートを着ていましたが、80年代もびっくりの肩パッドが入ったコートを着てました

「おかん、マジンガーZみたいになってんで~。」

と言うと気が付いたみたいでした。

そんな私たちは夜に六本木の『restaurant 森本』という和食のレストランに行きました

いや~おいしかったです。

上の写真が「シャトーブリアン」という和牛の貴重な部位を鉄板焼きにしていただいたものです(なんと150g¥10000!!今、調べてびっくり!)。

脂のバランスがすごく良かったです(そりゃそーでしょ)。

2枚目の写真はおとんと私(ちなみにその写真の左下に写っているのがおかん“慧子”の指です。)

3枚目は森本で人気のメニューでマグロのタルタルとクリームチーズとキャビアなどを混ぜて食べる楽しいメニューでした。

お腹いっぱいに食べて2階のバーに行きデザートまで頂いちゃいました

その後両親とともにホテルに戻り、私と姉はビールを飲みつつ朝6時まで泣いて、笑って楽しい時間を過ごしました。

次の日のお昼は新宿のパークハイアット東京の40Fの和食『』でランチを予約。

これじゃいくら走っても太るわけだわ

東京マラソンまで増えた3キロを何とかしなくちゃ・・・。

2007/02/03

Blog

ご予約・お問合せ

オーナーブログ

料金一覧

無料小冊子プレゼント

ネットショップ

プライベートスクール

お知らせ

beauty book

メルマガ会員登録

管理画面